金の買取は何でもできる?

金の需要が高まって、金の価格が高騰しているから、毎日金の取引は世界のあらゆる場所で盛んに行われています。

最近では訪問買取をする業者もいるくらいです。

ただし、訪問買取する業者には詐欺的行為をしている悪質な業者が多い様なので、突然家にやってきて、無理矢理に金を買取をすすめる様な業者には金を買取してもらわない様に注意しましょう。

金の買取が悪質な業者が出てくるほど、積極的に行われているとなれば、自分も不要な金はないかしら?と探してみたくなりますよね。

金の買取ではどんな金も買取できるのでしょうか?

まず、できなさそうでできる金というのは、傷があるもの、壊れているもの、イニシャルなど個人的な加工が施されているものなどです。

これらに関しては、金には地金としての価値があり、溶かして再利用することができるので、全く問題なく買取ができるし、価格に影響が出ることもありません。

使用済みの金歯、工業用の製品においても金である確認が取れれば買取ができます。

そしてできるかできないか判断が難しい金というのは、刻印のない金です。

刻印というのは、金のものには必ず純度を表すK○○というアルファベットのKと数字が刻まれているものなのですが、刻印がないと買取をしてくれないお店もあります。

比重計という特殊で専門的な機械を持っているお店であれば、調べて買取をしてもらうことができます。

またできそうでできない金には、金箔、金糸、砂金などです。

これらは金であると言う判断が非常に難しいために買取できないことがほとんどです。

※注目記事→貴金属の訪問買取にご注意ください!