金の買取前に黒ずみをきれいにしよう

金の買取をする場合、金の汚れなどはほとんど買取価格には影響がないものなのですが、査定にきれいな金を出すかどうかで第一印象は違ってくるし、自分自身も汚らしいままの金を持ち込むのは恥ずかしいものですよね。

ですから、買取店に持ち込みをする前に、金をきれいにしてみましょう。

金のアクセサリといえば、最も気になる汚れは黒ずみです。

金を大事に使っていても、自然と金に黒ずみが出てきてしまいますが、実は仕舞い込んでいても黒ずみは出てきてしまうものなのです。

では、この金の黒ずみはどの様にすればいいのでしょうか?最も良い方法は、金の専用クリーナーや専用クロスを使用して磨くことです。

もしくは柔らかい布に専用の磨き粉を付けて磨くことで、金は元のきれいな状態に戻ります。

できるだけ、豆にきれいにしてあげることで、いつまでもきれいな金を保つことができます。

専用のケースなどにいれて保管するということも大事なことです。

金の黒ずみをきれいにする時の注意としては、もしもダイヤモンドなどの宝石がついているアクセサリであった場合は、宝石にはクリーナーを当ててはいけません。

石が細かく入っている、加工が複雑で金を磨きにくいという様な場合は、自分で磨くことはおすすめできません。

買取する際にもそのまま持ち込みすることをおすすめします。

金は黒ずみ以外に、温泉の成分などで変色することもあります。

場合によっては変色で買取れない場合もありますので、わからない場合は相談してみましょう。